秋分

秋分の日くらいに収穫したカボチャです。

同じ品種ですが色が違います。

何故かは解かりません、笑。

カボチャは大きく種類分けすると

日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャに分けられ

日本カボチャの品種は、小菊、鹿ケ谷、日向、備前ちりめん黒皮、会津。

西洋カボチャの品種は、えびす、デリシャス、マサカリ、東京、がんこ、紅芳香。

ペポカボチャは、ズッキーニ、プッチーニ、そうめんカボチャ、テーブルクイーン。

などなど、たくさんの種類があるそうです。

確か、写真の種類は日本カボチャの小菊あたりと思います。

日本カボチャは、もともと、南アメリカ原産で、1542年にポルトガル船が

豊後(大分県)に漂着し、1549年に当時のキリシタン大名の大友宗麟という人に

貿易の許可を求めた時に、カボチャが献上され、

それでカボチャのことを南京(ナンキン)と言う。との事です。

田んぼは出穂真っ盛り。出穂の時期は水が必要で、まだ水は止めてません。

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中