白山餅米

 

 

 

 

 

空豆の花が今年も咲いたころ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白山餅米の種籾を竹べらとまな板でこそぎました

 

 

 

 

 

真水に浮く種籾は取り除き

 

 

 

 

 

半日ほど真水に御米の種籾を浸しおきます

 

 

 

 

 

この時期、田んぼの横にある山桜が満開でした

 

 

 

 

 

白山餅米の種籾をネットに入れて木にひっかけて乾かします

 

 

 

 

 

山つつじも綺麗に咲き誇ってました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼの中の大地に苗代を設けて

 

 

 

 

 

白山餅米の種籾を伊勢光より先に苗代に蒔きました

 

 

 

 

 

種籾を蒔いたあと

なるべく草草(雑草)の種が混じってない土を

薄くかぶせます

 

 

 

 

 

苗代の傍らにはいつものこの花が咲いてました

 

 

 

 

 

鍬の背を使い苗代を鎮圧します

 

 

 

 

 

数年前につくった(十年以上前かな)

籾殻の燻炭がまだ残ってたので

鎮圧した苗代にうっすら撒きました

 

 

 

 

 

その上に昨年の稲藁を敷いて

 

 

 

 

 

鳥避けネット(寒冷紗)で覆いました

白山餅米の苗代です

いつもありがとうございます

鈴木大介

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中