御米の苗代

 

 

 

 

 

田んぼのある山に

いつもの杏仁の香がする実をつける花が咲いたころ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白山餅と

 

 

 

 

 

伊勢光を

自宅で定規を使い脱穀して

 

 

 

 

 

御水に浸け、浮いた籾をザルですくい取り除きました

 

 

 

 

 

あくる日、山にいき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白山餅米を整地した大地に

 

 

 

 

 

撒きました

 

 

 

 

 

蒔いた上に乾かしておいた土を

 

 

 

 

 

覆土して

 

 

 

 

 

鍬で鎮圧しました

 

 

 

 

 

鎮圧した大地の上に米糠を

 

 

 

 

 

軽く撒きました(地力の補い)

 

 

 

 

 

糠の上に以前つくっていた籾燻炭と

 

 

 

 

 

稲わらをハミ切り?で30センチほどに切り

 

 

 

 

 

撒きました

 

 

 

 

 

芽が出てくるのを待つ間は鳥避け網を

苗代に接する形で覆います

トンネルをつくると少しの隙間から鳥が入り

蒔いた種籾をついばみにきていたのを目撃したからです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢光はこちらに蒔きました

 

 

 

 

 

四月下旬に御米の苗代をつくりました

いつもありがとございます

鈴木大介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中