白山餅の種籾おろし

四月半ば過ぎに白山餅の種籾を半日ほど水に浸けて

田んぼのある山に持ってゆきました

山の木々も一斉に芽吹きです

苗代にするところの表面に生えている草草の

地表から二センチほどを削り

種籾を蒔く苗代をつくりました

白山餅米の種籾です

今年も種籾を大地に蒔く時が訪れました

苗代内にまんべんなく種籾を降ろしてゆきます

水路に流れてくる山からの川砂をあらかじめ乾燥させておき

種籾を蒔いた苗代に種籾が隠れる程度に覆土してゆき

乾燥をなるべくふせぐこともかねて地面を叩いてゆきます

叩きおわれば今年は籾殻を撒き

軽く枯草を敷きました

数年ほど前にこさえた燻炭がでてきましたので

今年は燻炭も軽く枯草の上から撒いてみました

鳥避けの寒冷紗をかぶせてひとまづはできあがり

苗がでてきましたら寒冷紗をトンネルにします

キタアカリのじゃがいも

アンデスじゃがいも

わけぎ葱

苺の花

アスパラ

野生のあざみ

たんぽぽ

このような季節の白山餅の種籾降ろしでした

いつもありがとうございます

鈴木大介

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中