今年もお米の種籾を大地に降ろす季節がやってきました

種籾の御米を冬のあいだ自宅につるして保管しておいたものを

定規とまな板と大きなボウルで脱穀していきます

こちらは 伊勢光(お米の品種)です

山の田んぼも苗代つくりをしてます

こちらは伊勢光の田んぼの苗代つくりです

こちらは白山餅の田んぼの苗代つくりです

白山餅の苗代は冬の間に敷き詰めていた枯草を除けますと

草草(雑草)の生え方がやや弱く地肌が見える様でしたので

保存しておいた稲わらを敷き詰めました

こちらは白山餅の種籾です

手動脱穀完了

この時期は京都も桜が満開でした

今は葉桜の緑が桜の花とあい舞っています

えんどう豆に

稲わらで蔦が絡まる手を吊りました

この昔ながらの稲わらの手の付け方はとても気に入ってます

赤目自然農塾で教わりました

大根の花もほのかに咲き始めました

空豆の花も開いています

いつもありがとうございます

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中