草刈り

大分秋の気配が深まって来て、朝夕涼しい位の日々が続き、

過ごし易くなりました。畑仕事も一応順調に進んでいます。

私の借りている畑の隣には80歳前の農家のおばあさんが

足の不自由を抱えながらも精出して野菜を作って、

近所に引き売りしています。

日頃畑仕事をしながら野菜作りや世間話をし、

時にはおやつを貰ったりする仲です。

昔から伝わる農作業や野菜作りの情報、知恵に感心しながら

楽しんでいますが、現状の野菜作りは農薬や化学肥料は当たり前で、

その方の話は聞き流しています。

このような状況なので、当方の畑との境界線の畝近くに

除草剤をよく散布されますので、閉口していました。

ある時、おばあさん側の草を刈り取って、

今後はこちらで刈る旨を伝えたら、大いに喜んでくれました。

おばあさんも当方が除草剤をまくことを嫌がっているのは

分かっているのですが、草の丈が伸びてくると

人に手間をかけてはいけないという頑固な思いから、

当方に草刈りしてくれとは言いにくいらしく、

こちらの草刈りが遅れると(当方に大いに反省の余地はあるのですが、、、)

除草剤できれいに(?)してしまわれます。

現在の韓国、中国との境界問題に似ていますが

こちらはそうもいかない関係なので、ずぼらしないで

こちらが早目、早目に草刈りをすることで解決したいと思っています。

鈴木信雄

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中