ヘアマニキュアと石けんシャンプー2

先月23日に書いた「ヘアマニキュアと石けんシャンプー」についてのブログについて、
もう少し詳しくご説明させていただきます。
 
「ヘアマニキュア」は、髪の毛のメラニン色素は脱色しないで
染料をおだやかに浸透させて染毛します。
ダメージが少なく自然な仕上がりが特長とされていますが、
色合いが持続するのは約2~3週間で、
シャンプーのたびに徐々に色が落ちて元の髪色に戻ります。
 
一方、「ヘアカラー(酸化染毛剤)」はメラニン色素を分解して脱色すると同時に、
染料(直接染料、調色剤(カプラー))を髪のコルテックス内に浸透させてから
酸化重合させ(高分子化により)、コルテックス内に長く留まらせるというものです。
色合いが持続するのは約2カ月といわれ、
ヘアマニキュアのようなシャンプーによる色落ちはしにくいと言われています。
 
以上の内容を踏まえると、
ヘアマニキュアは髪が濡れた状態にあるだけで色落ちするものであり、
石けんシャンプー以外のシャンプーでも色落ちは起こりますが、
アルカリ性の石けんシャンプーは色落ちしやすいこともある
ということが言えます。
 
ヘアマニキュアと石けんシャンプーの相性がわるいわけではないと思いますが、
ご心配な場合や、初めてお使いになるときには
目立たないところで確認してからお使い下さいますようお願いいたします。
 
横山ちひろ
カテゴリー: アンジーナについて パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中