お味噌仕込み2

毎年、凍てつく寒さの真冬時期に仕込みます。

一番上の写真は、米麹です。

私は米麹をこしらえた事は無く、いつも日野の友人が仕込んで置いてくれます。

味噌を仕込む日を見定めて、一週間ほど前に

麹菌(京都では、麹菌のことを「もやし」と呼びます)と

蒸した米を混ぜて、少し暖かな室内所に寝かしておくと

発酵しだして、ほどよいあんばいの米麹になる模様です。

今年は綺麗に仕上がってました。ありがとう。

さて、つぶした茹で大豆と国産の粗塩と米麹と

御汁(ごじる。大豆の茹で汁)の分量を量り、ボウルに入れて、

しっかりと感謝しながら揉み合わせて玉をつくり、

瓶の底から順々に投げ入れてゆきます。

丁寧に少し力強くなげて空気の入る隙間ができないように、

二十回ほど投げ入れて、表面をならして、軽く表面に粗塩をふりました。

表面にラップを張り蓋をして、蓋の上を新聞紙で覆いくくり

冷暗所で発酵していただき、秋の土用の日あたりには、お味噌が出来てます。

いつもはもう少し寝かせてます。

善玉菌さま。ありがとうございます。

鈴木大介

カテゴリー: 日々のこと パーマリンク

お味噌仕込み2 への1件のフィードバック

  1. 静岡・マスヤ より:

    お味噌 されど“味噌”
    ご飯に添えられているけど こんな過程を経てるんですね。
    昔の人の“生活の知恵”が大介さん流で 再現★~!
    成長過程も楽しみでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中