柚子と秋の畑

稲刈りの頃、毎年、友人が四国の徳島県と高知県の境にある

那賀川とゆう川の上流の、木頭(きとう)とゆう地域で

柚子を数多くもぎ取り、木製の手動式の手づくり搾り器で柚子を搾り、

原液を一升瓶に詰めて持ってきていただいてます。

私も一度、体験させていただいたことがあります。

柚子の木は棘があるので厚手の手袋と手甲は、必要でした。

肥料や農薬はゼロの柚子畑ですが毎年たくさんの柚子が実り、

毎年ありがたく頂いてます。(11月初句)

 

その頃の畑の小蕪です。

 

白菜も、お日様の光を受けて元気。

 

今年の夏前に採種した空豆の土入り。

 

レタス。苗を買って三つ植えました。

 

じゃがいもは、年に二度収穫できるので

二度いも、とも言うらしいです。

今年収穫したキタアカリ品種です。

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中