秋冬野菜

暑さもおさまり気持ちの良い天候となり、

久しぶりに …というのもいい加減な話ですが、 畑に行ってみて、

・・・がっくりしました。

秋冬野菜の種蒔きをして、とっくに出ているはずの

ほうれん草、にんじん、水菜、山東白菜、小かぶ、春菊、

レタス、ちしゃ等々、毎年の常連が発芽していないのです。

播種後 雨が続いていたので安心しきって

様子を見に行かなかったのが良くなかった。

今からでは時期的にやり直しが難しいものもあります。

原因をいろいろ考えてみましたが、これだという特定ができず、

覆土が厚すぎたのだろうと自分で納得してはみたものの、

ちゃんと様子を見に行っていれば、例え発芽状況が悪くても

すぐにやり直しができたのだろうから、

やはり自分のズボラさが一番の原因だったと思います。

ともあれ水菜や春菊等は、これからの鍋ものに欠かせないので

種が駄目なら苗をと、知り合いや種苗店で急きょ調達。

結果、今のところ何とかなりそうなので少しホッとしています。

しかし、白菜・大根は順調に発芽し成育しているので

ここのところ間引き菜として美味しくいただいています。

秋なすも、最終の収穫が良くできて、

これ又おいしくいただいています。

鈴木信雄

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中