良寛さんの言葉

今回の台風の直前に秋冬物野菜の種蒔き、

苗植えの第一弾が終わりました。

残暑の厳しい中での作業、結構きつかったのですが何とか出来ました。

米、野菜作りはお天道さま次第で全く保障のない営みですが、

その時その時の作業に精出すことの充実感を

喜びとして味わう側面があります。

その上に実り豊かな収穫をいただけた時の喜びは

最高のものであります。

昔から、春秋の村の祭りは、願いと感謝が

強く込められたものだったろうと思います。

ところが、このような営みが3月の東日本、

そして西日本の台風の被災地では不可能になってしまいました。

我々と違い、仕事として収入源になっている農家の人々の

無念さ、絶望感は、想像を絶するものがあります。

そこへ福島の原発関連の人災、そして追い討ちをかけるかのような

風評被害の報道は、やりきれないでは済まないものがあります。

しかし、風評被害を言われる中にも、

幼い子供を持つ親の気持ち、心配には

充分理解できる面もあります。

こんな状況に、つくづく人間の生き方を考えさせられる思いです。

 

昔、良寛さんが、新潟大震災を受けた知り合いへ書かれた手紙の中に、

「病に会うときは病に会うがよろしく候、

災難に会ったときは会うがよろしく候、

これ災難をまぬがれる最良の方法である。」

という一節があります。

この言葉を深く深く味わいながら、日々を送りたいと思っております。

鈴木信雄

カテゴリー: 日々のこと パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中