稲の出穂

稲にも花が咲きます。

ひとつひとつの穂殻がパカッと半分に割れ、雄しべと雌しべが

六本ずつ(らしいです)出て受粉し、雌しべは閉じる穂殻の中に入り、

雄しべは穂殻の外に残されます。

穂殻が開かずに受粉するのもあるらしいです。

お米の花は朝のひと時に咲き、昼には閉じるとのこと。

お米の花が咲いている瞬間を撮りたかったのですが 

その日はすべて受粉を終えて、雄しべを外に残したまま花は閉じておりました。

写真の稲穂の閉じたひとつひとつの花の中身はこの時期、

白い乳液状になってます。

地球で、生命が絶妙に営む姿は美しく、ただただ感謝いたします。

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中