アンジーナのこだわり2「旧表示指定成分フリー」

「表示指定成分」とは、旧厚生省が定めた石油合成成分で

人により皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で、

過去にアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例から

報告されたものを中心に、2001年3月までに表示が義務付けられた成分のことです。

 

現在、化粧品などに使われている成分は約7000種類ほどあるそうですが、

その中で特に高度の有害性が認められている103種類が選ばれています。

しかし、2001年4月からは表示指定成分だけでなく、

医薬部外品を除く全ての化粧品において、全成分の表示が義務づけられました。

 

全成分表示には、消費者の方々が商品を選択したり、

使用する際の参考情報としての役割も持っていますが、

成分の内容を知らない、知ることができない消費者の人々は解りえぬまま

「表示指定成分」と「他の成分」とが一緒に表記されるようになり、

かえって見分けがつきにくくなっているのが現状です。

 

アンジーナはもちろん、旧表示指定成分は使用していません。

 

発売当初の20年前から、

「毎日食べるものと同じように、毎日使うものだから

出来るかぎり自然の素材で」 

という思いを大切にしながら、お客さまのご意見ご要望を最優先に、

製品づくりを続けております。

 

今後とよろしくお願いいたします。

横山ちひろ

カテゴリー: アンジーナについて パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中