アンジーナのこだわり1「パラベンフリー」

6年前、朝日新聞の一面に

防腐剤のメチルパラベンが、細胞の老化を促進する

という記事が掲載されました。

 

メチルパラベンとは、抗菌作用が高い一方、

皮膚に対する刺激が低いことから、パウダー類や化粧水、

乳液など化粧品では最も一般的に使われている防腐剤です。

 

その記事によると、

メチルパラベンには、紫外線を浴びると

シワやシミなどにつながる皮膚細胞の老化を進める

作用があることが確認できたとされています。

そしてその記事は、「メチルパラベン入りの化粧品をつけたら、

強い直射日光は避けた方がいいのではないか」と

締めくくられていました。

 

20年前、パラベン不使用の化粧品やシャンプーは

ほとんどなかったと聞いておりますが、

アンジーナ立ち上げ当初より、成分処方など多くの

アドバイスをいただいている医学博士西岡一氏は、

パラベンの毒性にいち早く着眼していました。

 

もちろん、アンジーナは創業当時からパラベンフリー。

防腐効果のある自然由来の成分を使用しています。

 

安全性に少しでも疑問のある成分は、初めから配合しない。

これもアンジーナのこだわりのひとつとして

今尚守り続けているポリシーです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

横山ちひろ

カテゴリー: アンジーナについて パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中