田植えの風景3

四月の始めに田んぼ内に苗床をつくり

種もみの一粒一粒がこのように立派な苗になりました。

幼年期を卒業して青年期に入る手前くらいに思います。

苗床に育った苗を、普通のスコップで、

苗の根をなるべく切らないように土の表面から

三センチ、四センチ下を土ごと根と苗を

すくい上げるように苗床から苗を取り出します。

取り出した苗は、一本づつ、鎌で田んぼの土を三角に

小さく掘り植えてゆきます。

田植えも後半の頃です。

(6月下旬)

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中