稲の幼育期

稲の苗の苗代は山の田んぼの中に作っており順調にすくすく育ってましたが、

先日の台風2号の残風で寒冷紗が完全に捲れまして、

台風の次の日に田んぼに行きましたが、

鹿さんに全体の4分の1ほど茎から食べられちゃいました。

しかし稲は強いので、一回目はおおめに見てあげます。

さて、こちらは自然農なので代かきはやりませんが獣害対策をぬかりなく行い

今年は黄金の稲穂が田んぼに現れていただけますことを念頭に置き

田植えに入っていきます。

鈴木大介   

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中