今年も米の種まきが出来ました

 昨年は田植え直後の6月に体調を崩したので

毎年恒例の、猿・猪・鹿の三重苦対策が手薄になり、

その隙を狙ったかのような鹿に

植えたばかりの苗を二度に渡って奇麗に食べられ、

結局、一粒の米も戴けませんでした。

長年やってきて、多少やられる事はありましたが

こんなことは初めてでした。

毎年、稲ワラを田んぼに返すだけの無肥料でやってきましたが、

そんなわけで、今年は返すワラがありません。

その後、猪に三枚の田を、ミミズを食べるためか

耕運機で耕したように、すみずみまで荒らされました。

これは農作業の一手間を省いてくれた様なものですが、

このようなことも初めての経験でした。

今年はこのままの状態で田植えをしようと思いますが、

稲の持つ自然成長力がどのような結果をもたらしてくれるか、

今から秋の稲刈りが楽しみです。

鈴木信雄

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中