お米の苗代

田んぼでの営みが始まりました。

お米の種もみの品種はイセヒカリ。

今年は8日間、種もみを水に浸けてから、

田んぼ内につくった苗代の土の上に直播き。

いつもより少し早めの時期の種おろしなので

早朝の霜よけに籾殻と、軽く燻炭を

覆土した上に覆う形で撒きました。

その上に、稲藁を軽く敷きつめ、風を通す

寒冷紗のトンネルを仕立て(動物避けの意味もあります)

苗代の完成です。

大自然へ感謝を込めて

鈴木大介

カテゴリー: 畑日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中