大震災

大震災の日から2週間程が過ぎましたが、

大惨事の実感を新たにするばかりです。

しかし、この大惨事で何もかも失くして

避難所生活を余儀なくされた当の被災者の方たちが、

隣りの人を思いやり、いたわり合い、

高校生を始めとする多くの人々がボランティア活動に精出し、

追い討ちをかけたかの原発事故で、命がけの一刻一秒を争う

復旧作業に積極的に取り組む現場の関係者たち、

それぞれがそれぞれの立場で我が身を省みないでの

献身的な活動振りに、人間の持つもう一つの限りない

可能性を見せてもらい、感動の涙と共に

希望と勇気を感じさせてもらっています。

遠く離れていると思っていた当地も、安全地帯と言えなくなりそうな

放射能報道が盛んに流され不安を感じますが、

被災者の方たちからもらった希望と勇気をもとに、

いたずらに混乱しないで現実を受け入れて対処しようと

言い聞かせています。

鈴木信雄

カテゴリー: 日々のこと パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中